FXはシストレでリスクヘッジも可能

FXにはシストレといわれる、システムにトレードのルールを覚えさせて売買を行なう方法があります。自動売買システムとなっていますので、自分が売りたい値段や買いたい値段、ほかにも差額分の設定などを自分で入力し、自分の判断をシステムに記憶させるというものです。


FXのリスクヘッジにも最適

FX口座にはアラート機能や自動ロスカットなどのリスク管理機能もついています。しかし、これらはあくまで証拠金以上の損が出る場合にのみしか作動しないもので、できるだけマイナスを少なくするという目的があるため、トレードを行う上での最後の砦、といった扱いとなることが多いようです。シストレの場合、スプレッド設定などにも左右されにくい、長期トレードなどを行う際にも安全に通貨を手元に置くことができるそうです。


常に売買を機械的に行うので着実な利益が

それだけでなく、シストレは人の感情ではなくあなたが決めた数字通りの動きを行いますから、自分でトレードを行っていて、感情的になるなどの不安要素がありません。FXは安く買って高く売る、ということの繰り返しが利益に直結しているため、システムに任せる売買という投資スタイルは、非常にあっているそうです。

This entry was posted in FX スプレッド. Bookmark the permalink.

Comments are closed.