練習を積み重ねてからFXを始めるのが良い?

デモトレードが出来る会社を選んで、練習を積み重ねてから本番に挑んだ方がいいですよ。
知識を身につけたからといって、いきなりFXの世界へ飛び込むのは良くないですし、きっと戸惑う事もあるはず。
しかし、練習を積み重ねていけば流れとか雰囲気をつかむことが出来るから、本番へ挑んでもきっと大丈夫。
慣れるまでは練習を続けて、少しずつ慣れてきたら本番の世界へ飛び込んでみるのがベストですね。


FXの練習では失敗をしよう

練習だからこそ失敗することが出来るので、失敗できる時にはしておきましょう。
ただ失敗するのではなくて、どうして失敗してしまったのかどうすれば同じ失敗をしないのか反省することが大切です。
反省することが出来なければ失敗しても無駄になってしまいますから、ちゃんと反省して次のFXへつなげるように。
また、スワップやスプレッド、レバレッジの3点の用語だけは頭に入れておくようにしてもらえればいいですね。


練習と本番は違う

よく、練習では利益を出すことが出来ていたのに本番では失敗ばかりしてしまうと不満を言う人がいますが。
それもそのはず、なぜならFXの練習と本番では空気や雰囲気が違いますし、緊張感だって違いますからね。
どうしようもない事なので、本番の雰囲気に飲み込まれてしまわぬよう少しずつ現場に慣れていって。

This entry was posted in FX スプレッド. Bookmark the permalink.

Comments are closed.